すっきりフェイスライン

施術台

ボツリヌストキシンの作用でシャープな顔に

エラが張っていると輪郭がしっかりして顔が大きく見えてしまいます。エラ張りは骨と咬筋肥大が原因として考えられますが、医療の進歩により整形治療によってエラを縮小することが可能になりました。エラボトックスと呼ばれる治療方法です。ボツリヌストキシンという成分を注射器で注入することによって、筋肉の動きを抑制することができます。ボツリヌストキシンとはボツリヌス菌から生成される天然のたんぱく質で、筋肉の緊張を和らげるように神経に作用します。手足のリハビリなどに使われていた治療法ですが、現代では整形治療にも活用されるようになりました。エラボトックスにおいても、エラ部分に注入することで咬筋の動きが少なくなってエラの張りも目立たなくなります。その結果、がっしりとして見えていた輪郭がすっきりして小顔が実現するのです。勿論、咀嚼するのには支障がない程度の咬筋縮小になるので、不便はありません。エラのほかにも、小鼻や顎の凸凹などもボトックス注射によって小さくできます。症状によっては、ボツリヌストキシンの成分以外の薬剤が使われることもあります。いずれにせよ大がかりな手術ではないので、手軽にできるプチ整形として小顔になりたい人に人気です。

ボトックス注射は使用範囲や薬剤によっても、施術費用は異なります。また同じ施術内容でも医療機関によって費用は多少変わりますが、エラ張り症状を改善するボトックス注射の場合は、左右両方の施術で20000〜50000円ほどが相場です。小鼻を小さくする施術であれば、15000〜20000円ほどです。顎の凸凹解消は20000円程度と言えるでしょう。控えめな変化を希望する場合は、もう少し費用も安くなります。ボトックス注射は、1回の施術で劇的に小顔になるというわけではありませんが、体に負担がかかりにくいことにメリットを感じている人が多いです。間を開けて何回か施術を繰り返すことで、悩んでいる部分の膨らみや筋肉の張りが縮小し、小顔へと近づいていきます。筋肉の動きの抑制と共に顎のラインも引き締まってシャープになります。メスを入れるわけではなく、日帰りで受けることができる点も人気の理由です。仕事帰りに施術を受けるOLなども多く、入院して会社を休まなくても良いと好評です。エラの張り方も個人差があり、何回程度施術を受ける必要があるのかも人によって違います。信頼できる医師のもとでしっかり相談することで、より満足度の高い施術を受けることができるでしょう。